トップ / 結婚指輪を選ぶときに注意

結婚指輪を選ぶときに注意

結婚指輪の素材を見る

結婚指輪の材質となるプラチナ

結婚指輪の材料として人気のプラチナは、自然白金という和名を持つ鉱物です。ラテン語のような名前ですが、本来はスペイン語が語源で、後に近代ラテン語としても使われるようになりました。中性名詞となるプラチナの単数主格はプラティヌムであり、複数主格にしてプラチナという名前に変わります。結婚指輪として人気なのは、高温で溶けにくくて化学変化に強い性質を持っているためです。一生涯にわたって使っても、高貴な輝きが保たれて、夫婦円満の象徴にもなります。

婚約指輪はラザールダイヤモンド

婚約指輪といえばダイヤモンドの指輪。ラザールダイヤモンドの魅力はなんといってもその美しい輝き。厳しい基準で選び抜かれたダイヤの原石だけを使用し、手作業で丁寧に研磨されたダイヤは、幸せいっぱいなお二人をより一層美しく引き立てます。シンプルながらもこだわりのあるデザインで、手元で上品に輝きます。特別な瞬間を閉じ込めたような特別な婚約指輪だからこそ、上質で素敵なものが良いですよね。ラザールダイヤモンドではリングではなくダイヤモンドへのメッセージ刻印が出来るので、二人だけのオリジナルダイヤにすることも出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚式の祝辞をする際の注意. All rights reserved.