トップ / 結婚式のスピーチをする際の注意

結婚式のスピーチをする際の注意

結婚式のスピーチ

結婚式のスピーチでよくない話

結婚式のスピーチを頼まれると、その人と親しい間柄であり性格やこれまでの経歴などをうまくまとめて話して行くものですので、参列者も耳を傾けて聴くことになります。しかし、いくら結婚式のスピーチで新郎や新婦と親しい間柄に合っても、過去の恋愛に関する暴露話はNGです。友人でしか知りえない内容まで赤裸々に話してしまっては、その場の和やかな雰囲気が消え去ってしまうこともあり、険悪なムードになることだってあるからです。そのためにも、過去の恋愛をいくら知っていても、今の幸せが続くことを祝う気持ちを込めて話すように心がけるのが大事です。

結婚式のスピーチでの暴露話

結婚式でスピーチを頼まれたと仮定しましょう。皆さんはどんな話をするでしょうか。当たり障りのない話を選ぶかもしれませんが、新郎と新婦と関係が深ければ深いほど、できるだけ興味深いエピソードを話して、結婚する二人の門出を祝福したいと思う人も多いのではないでしょうか。そのエピソードの題材選びには注意が必要です。なぜなら、多くの人が列席する場になりますので、新郎新婦が本当は話して欲しくない、暴露話になってしまっては困るからです。そういう意味合いにおいては、いくら面白いエピソードであったとしても、過去の恋愛の話は、人によって受け取り方が異なる為、NGといえます。一部の人が喜ぶだけではなく、全体の雰囲気が温かくなるようなスピーチを心掛けたいものです。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚式の祝辞をする際の注意. All rights reserved.