トップ / 友達代表のスピーチのアドバイス

友達代表のスピーチのアドバイス

友達代表のスピーチ

友達代表のスピーチを頼まれたら

友達代表として結婚スピーチを飲まれた場合は、快く引き受けましょう。新郎新婦や両家にお祝いの言葉を伝えます。基本のスピーチの流れは、お祝いの言葉をして、自己紹介、メインテーマ、エピソードや励ましなど贈る言葉、お祝いの言葉の順に構成します。友達の結婚式なので堅苦しい内容よりカジュアルな内容の方が好ましいです。気を使わせてほしいのは、自己紹介の時普段の呼び方は避けて下さい。基本文例としては、「私は優子さんとは大学時代からお付き合いさせてただいております佐藤と申します」と言う様に新郎新婦は下の名前で呼びます。上手く話そうと意識せず、祝福の気持ちを伝えるように心がけましょう。

友達代表によるスピーチ

結婚式に欠かせないスピーチ。それは新郎新婦の友達代表によるものが感動を誘う事が多いようです。なぜなら、幼少期、学生時代から良くその方の事を知っており、結婚という素晴らしい門出を祝うスピーチを行うのならば適任だと言えるからです。しかし、友達代表として頼まれた方は少し戸惑う気持ちもあります。何を話せば良いか悩み戸惑う方もいます。そして新郎新婦の友人としての自己紹介を行い、基本文例とも言える言葉を伝える。だが、基本文例の中にも自分自信の友人に対する思いを伝えることで実により良いものになり感動を与えます。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚式の祝辞をする際の注意. All rights reserved.