トップ

結婚式の祝辞をする際の注意

結婚式の祝辞をする

結婚式の祝辞をするにあたって

友人や部下の結婚式で祝辞を頼まれる、というのは、非常に名誉なことです。祝辞を述べるのはたいてい新郎と新婦それぞれの上司の場合が多いですが、その場合は内容もフォーマルなものになりがちです。では、友人として呼ばれた結婚式の場合はどうかというと、こちらはむしろカジュアルで、友人ならではの内容のものが喜ばれます。しかし、いくらカジュアルなものが期待されるといえど、明るく楽しく二人の門出を祝う気持ちを第一とすることが肝心です。新郎新婦の失敗談に終始するようなものははばかられます。また、忌み言葉にも気をつける必要がありますので、頼まれたときには文章例などをしっかり確認したほうがよいでしょう。

祝辞を考えるときの注意点

結婚式で祝辞を依頼されたなら、当日に向けて心のこもったメッセージを考えなくてはなりません。新郎新婦との関係、式の雰囲気(カジュアルかフォーマルか)によって最適な祝辞は変わってきます。極めてフォーマルな結婚式で、あまりにもフランクな内容のものにしてしまうと場の雰囲気を壊してしまいます。文章例などを参考にすると失敗することがないです。ケースごとに例が挙げられていますので、事前に新郎新婦に、式のゲストの数や会場の雰囲気、参列する方々の年齢層などをさりげなく聞いておき、それにマッチしたスピーチを考えましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚式の祝辞をする際の注意. All rights reserved.